Google 新型コロナウィルスに対応した旅行者が旅行を計画するのに役立つ3つの機能を追加 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

Google 新型コロナウィルスに対応した旅行者が旅行を計画するのに役立つ3つの機能を追加 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

Google 新型コロナウィルスに対応した旅行者が旅行を計画するのに役立つ3つの機能を追加

Googleで旅行先を検索したり、GoogleMapで地図を確認することは、旅行前に必ず行っていると思います。

今回、Googleから発表された機能は、まだ英語のみの対応になりますが、新型コロナウィルスの検疫状況や情報などを含めて表示されるようになります。

新型コロナウィルスの対応に関しては国毎だけではなく地域によってもルールが変わります。

ハワイのように島毎にルールが違うところもありますので一カ所で旅行に関することが確認できることは非常に便利になります。


1アコーホテルで2019年9月30日までの北アメリカと中央アメリカの宿泊で最大35%OFF_ダブルポイント

アメリカでは9000万人近くのアメリカ人が新型コロナウィルスの予防接種を受けており、2回目の予防接種を500万人の人が受けないなどの問題はありますが、確実に感染者が減少しています。

それを受けて多くの人々が旅行を計画し始めています。

グーグルによると、ホテルの検索数は、主要な観光地の急速な再開に刺激されて、今年4月に10年ぶりの高水準に達したとのことです。

そこで問題になるのは旅行先の新型コロナウィルスの影響と規制や独自のルールを把握することになります。

ホテルやフライトなどの旅行情報をGoogleで検索すると、目的地ごとの旅行情報を確認できます。

Googleは、目的地に検疫が必要かどうか、新型コロナウィルスの検査結果が陰性か、予防接種の証明など、旅行制限に関するさらに多くの情報でこのツールを使って確認することが出来るようになります。

日本国内であれば確認や把握もできると思いますが、海外旅行が出来るようになってヨーロッパのように複数の国を旅行する場合や、アメリカ国内でも州をまたいで移動する場合には便利です。


Google 新型コロナウィルスに対応した旅行者が旅行を計画するのに役立つ3つの機能を追加


ヨーロッパでは、今年の夏に完全にワクチン接種されたアメリカ人観光客に入国を再開し、その際に検疫を縮小する事を発表しています。

日本でもワクチン接種が進むと同じ対応になると思います。

そういった際にはGoogleの新機能を使用すると、重要な入国要件を追跡したり、適切な都市へのフライトを見つけたり、到着時にロードトリップを計画したりできます。

ワクチンが利用できるようになるにつれて、多くの人々が旅行の計画を再開することになります。

旅行案内の最新情報を入手する

フライト、ホテル、やることなどの旅行情報を探すとき、検索はあなたの目的地に新型コロナウィルス関連の旅行勧告や制限があるかどうかを知らせます。

現在、到着時に検疫する必要があるかどうか、テスト結果や予防接種記録の証拠を提供する必要があるかどうかなど、旅行制限の詳細を追加しています。

また、目的地の旅行勧告や制限を追跡し、電子メールの更新を取得できるようになりました。

Googleアカウントにログインしている場合は、[このガイダンスが変更された場合にメールを受信する]を切り替えることができます。

制限が追加、解除、または削減されると通知されます。

これらの更新は国固有であり、アメリカでは州固有の情報が利用可能です。




コメント
非公開コメント