ワールドオブハイアット 2021年4月30日に予約キャンセルポリシーを変更 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ワールドオブハイアット 2021年4月30日に予約キャンセルポリシーを変更 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ワールドオブハイアット 2021年4月30日に予約キャンセルポリシーを変更

ワールドオブハイアット、新型コロナウィルスの影響に関する予約に関する変更やキャンセル条件、いわゆるキャンセルポリシーに関して他のホテルプログラムよりも早期に積極的に取り組んできました。

しかし、新しく発表されたワールドオブハイアットのキャンセルポリシーはより多くの料金がキャンセルできなくなったことを示しています。



主な更新は次のとおりです。

ワールドオブハイアットでのキャンセル条件は無料でキャンセルや変更ができることが前提になっています。

しかし、2020年7月1日以降に予約され、予約時にワールドオブハイアットのキャンセル内容とは違う条件がホテルに設定されている場合は、予約したホテルのキャンセル条件が優先されます。

予約をキャンセルや変更したときに手数料の規定や変更不可、キャンセル不可などの条件があった場合は、その条件に準じることになります。

2020年7月1日より前に予約した既存の予約

非常に限られた例外を除いて、2020年7月1日より前に予約された既存の予約は、予定された到着の24時間前まで無料でキャンセルできます。

これには、通常ではキャンセル不可の事前購入料金の予約が含まれます。

2020年7月1日以降に予約した新規予約

2020年7月1日以降に予約された予約(2021年7月31日までの到着日)は、予定されている到着の24時間前まで無料でキャンセルできます。

2020年7月1日以降に予約したホテルで、予約時に異なるキャンセルまたは返金条件が表示されている予約は、この条件から除外され、予約時に表示されたキャンセルまたは返金条件に準じます。


今回の変更

ホテルは、一部の需要の高い期間(ゴールデンウィークや連休など)にこのキャンセルポリシーを調整する場合があります。

予約の際は、すべてのホテルと料金の現在のキャンセルとデポジットのポリシーを示す料金ルールを確認して、各予約のキャンセルとデポジットのルールを理解することをお勧めします。

予約は、hyatt.comまたはWorld of Hyattアプリを介して変更またはキャンセルできます。

既存の予約変更は、空室状況と料金の違いにより差額が発生る可能性があります。

小さな変更ですが、今後数か月以内にハイアットのウェブサイトで利用できるキャンセル不可および返金不可の前払い料金が増えることになると思います。

上級会員に関しては、前払いされていない限り、到着予定時刻の24時間前までにキャンセル不可の料金をキャンセルする優遇があります。






コメント
非公開コメント