ヒルトンオナーズ 一部航空会社との提携を解除 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ヒルトンオナーズ 一部航空会社との提携を解除 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ヒルトンオナーズ 一部航空会社との提携を解除

ヒルトンオナーズにはヒルトンオナーズ会員が滞在にタイしてポイントとマイルの両方を獲得できるダブルディッププログラムがありました。

そのダブルディップは数年前に廃止されましたが、ヒルトンは、オナーズ会員がポイントを航空会社のマイルに変換することをは可能で、航空会社のマイルに移行した際には10ポイント対1マイルという比率になっています。

ヒルトンオナーズは現在、11の航空会社との提携を解除しマイルに移行することができなくなります。


ヒルトンオナーズ「LXR ホテルズ&リゾーツ」京都をポイントで予約できるようになりました。3


もともとヒルトンオナーズから各航空会社へのポイントからマイルへの交換比率は非常に悪く、これを利用する方はいないと思いますので、今回のことで影響を受ける方は少ないともいます。

しかも、日本在住ならメインに利用する航空会社ではありませんのでなおさらです。

提携が解除になる航空会社

アエロフロート
アラスカ航空
アビアンカ
アムトラック
フィンエアー
フロンティア航空
ガルーダインドネシア航空
ハワイアン航空
LATAM航空
フィリピン航空
南アフリカ航空


まだ利用可能な航空会社:

アエロメヒコ
エアカナダ–エアロプラン
AirAsia BIG
ANA
アシアナ
アビアンカ– LifeMiles
英国航空
キャセイパシフィック
中国東方航空
デルタ航空
エミレーツ–スカイワーズ
エチオピア航空
エティハド航空
エバー航空
フライングブルー(エールフランス– KLM)
ゲンティングリワード
海南航空
JAL
マレーシア航空
カンタス
カタール航空
シンガポール航空
南アフリカ航空
トルコ航空
ユナイテッド航空
ヴァージンアトランティック航空
ヴァージンオーストラリア

まとめ

ポイントからマイルへの移行にはほとんど意味がありませんが、航空会社のマイルに集約している方にとって、または特典航空券に必要なマイルに若干足りない場合などにホテルポイントを移行することは意味があるかもしれません。

今回の提携を解除する航空会社の内容を見てみてもそれほど影響があることではありません。


コメント
非公開コメント