ヒルトンオナーズは、アメリカの上級会員朝食特典を中止しクレジットを提供 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ヒルトンオナーズは、アメリカの上級会員朝食特典を中止しクレジットを提供 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ヒルトンオナーズは、アメリカの上級会員朝食特典を中止しクレジットを提供

ヒルトンオナーズは、アメリカの上級会員朝食特典を中止しクレジットを提供

ヒルトンオナーズは、2021年7月から年末まで、ヒルトンオナーズの上級会員であるゴールド会員およびダイヤモンド会員に対して、アメリカのヒルトンホテルで無料コンチネンタルブレックファースト特典の代わりに、ホテルによって異なる毎日の飲食に使えるホテルクレジットを提供します。

このクレジットは、アメリカ内のすべてのラグジュアリー、フルサービス、ライフスタイル、ヒルトンガーデンインのホテルで利用することができます。

【3泊以上限定】 選べる朝食1回付プラン!プレミアラウンジご利用付2

ヒルトンオナーズはこの変更された朝食の特典に関する詳細を発表しました。

7月以降、アメリカのヒルトンの上級会員は、ホテルのブランドに応じて、1人1日あたり10ドルから25ドルの飲食に使えるホテルクレジットを受け取ります。

ゲストごとに1クレジット、1日あたり最大2名分のクレジットを獲得することができます。

ヒルトンオナーズのゴールド会員ドおよびダイアモンド会員は、この特典を利用するために、ログインを行いMyWayの特典としてホテルクレジットを選択する必要があります。

ただし、この特典変更はアメリカ国を対象として行われる変更で、他国のヒルトン系列のホテルには適用されません。

また、日本のヒルトンオナーズ会員がアメリカに滞在する場合は、今まで通り2名までの朝食を利用することができます。


新しいクレジット特典

ヒルトンオナーズは、アメリカの上級会員朝食特典を中止しクレジットを提供


このクレジットの金額を見ると、ホテルでの朝食金額よりも少ないことがわかります。

もし、朝食に利用したいと思った場合はホテルクレジットの他に追加の支払いが必要になります。

高級なヒルトンオナーズ参加のホテルでは、朝食は1人あたり30ドル以上かかることがあります。

1人あたり1日25ドルのクレジットを受け取る今回の変更は金額的に足りなくなります。

また、ヒルトンホテルなど中核ホテルでも昼食は20ドル以上するホテルが多く12ドルでは足りません。

一方、このホテルクレジットはより柔軟性を提供します。

朝食は必要ないので軽食やドリンクに、お酒などに利用したい方にとってはホテルクレジットの方が利用価値は高いと思います。

特に空港周辺のホテルに滞在して、次の日に帰国する場合には空港のラウンジも使えるのでホテルで朝食を利用する必要もない場合があります。

まとめ

今回の特典変更はアメリカ国内のヒルトンオナーズ参加ホテルをアメリカの会員が利用する場合の変更になり、日本の会員には関係ありません。

また、特典変更の年末までとなっているので一時的な変更になります。

ただし、今回の変更がテスト的な意味で行われるとしたら、他の国にも拡大する可能性もあるので個人的には限定定期な変更で朝食の提供は続けてほしいと思います。



コメント
非公開コメント