ホテルプログラムの特典滞在に必要ポイント数が変動制の長所と短所 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ホテルプログラムの特典滞在に必要ポイント数が変動制の長所と短所 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ホテルプログラムの特典滞在に必要ポイント数が変動制の長所と短所

ホテルプログラムの特典滞在に必要ポイント数が変動制の長所と短所

多くの航空会社やホテルのプログラムが、少なくとも部分的に変動制を導入し、特典航空券や特典滞在時の日にちによって必要なマイル数やポイント数が変わるダイナミックな特典内容に移行しています。

ホテルでは最も早く導入したのがヒルトンオナーズになり、IHGリワードも追従しています。

マリオットとワールドオブハイアットは変動するポイント数に関して変化の少ないシーズン制を導入しています。

アコーは2,000ポイントが滞在時の40ユーロになります。

今回は変動制の長所と短所を考えてみたいと思います。


シャングリラホテル東京

変動制とシーズン制の長所と短所

変動制を導入したホテルプログラムの場合、お得になるかどうかは滞在する必要によって決定されます。

これはシーズン制を導入したマリオットとワールドオブハイアットにもいえることですが週末や連休、年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休、その他イベントナジなどは高い設定のポイント数になります。

変動制を導入しているヒルトンオナーズやIHGリワードなどは、特典滞在時の上限がないことと、事前にポイント数がわかるチャートなどがないため、同じホテルでも実際に空室を調べてからでないとポイント数がわかりません。

シーズン制のホテルプログラムと完全な変動制を導入しているホテルプログラムの優劣は、主に、どのように、いつ、何を予約するかによって異なります。

次に完全な変動制の長所と短所を考えます。

長所


通常、リゾートを含むすべての税金と手数料が含まれています。

ポイントは複数のレートタイプに使用できます(Accor)

プログラムを簡素化します–初心者にとって理解しやすくなります。

ポイントと現金を組み合わせて組み合わせることができます。

ホテルのカテゴリーを毎年調整するプログラムは必要ありません。

短所

特典チャートがないので事前に予算(ポイント数)が把握できない。

人気のあるホテルでの滞在は、必要なポイントの点で非常に高価になります。

日本での特典に必要なポイント数が海外と比較して高く設定されている。

まとめ

ホテルプログラムによっては特典滞在の時に、ホテルが徴収するあらゆる種類の料金の一部が無料になるホテルプログラムと無料にならないホテルプログラムがあります。

最も負担の大きいリゾート料金を支払う必要があるかはポイントで滞在するときにとても重要になります。

今、大手のホテルでは変動制とシーズン制を導入しており、固定されたポイント数で特典滞在ができる小さなホテルプログラムと分かれています。

ポイントを利用する場合は固定されたポイント数での滞在が最もわかりやすく、その次に3段階に分かれるシーズン制がわかりやすいと思います。

自由にポイント数を設定出来る完全な変動制は利用者の数が変わらなければ、最もホテルにとっては負担の少ない方法になります。

将来的にすべてのホテルプログラムが完全な変動制に移行する事も考えられます。

コメント
非公開コメント