ヒルトンオナーズ 2022年までのステータス延長と上級会員資格の緩和 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ヒルトンオナーズ 2022年までのステータス延長と上級会員資格の緩和 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ヒルトンオナーズ 2022年までのステータス延長と上級会員資格の緩和

ヒルトンオナーズでは、感染が収まらない新型コロナウィルスの状態を考慮し、ヒルトンオナーズ会員に対する様々な方針を更新しました。

特に上級会員に対する対応を数多く行っています。


ヒルトンオナーズ「LXR ホテルズ&リゾーツ」京都をポイントで予約できるようになりました。

ヒルトンオナーズは2021年から2022年までのすべての上級会員になるための対象滞在を繰り越し、2022年にはステータス資格が低くなり、マイルストーンボーナスは30泊から始まり、ポイントの有効期限が免除され、ゴールドとダイヤモンドのステータスギフトが簡単になり、アメリカンエキスプレスカードのヒルトンオナーズ提携クレジットカードでもらえる無料宿泊券をいつでも使用することができます。


2023年3月31日まで延長される上級会員

すべての上級会員は、2021年の滞在実績に関係なく、2023年3月31日まで上級会員を維持します。

ポイントの有効期限は2022年12月31日まで延長されます

ヒルトンオナーズのポイントは2022年12月31日まで有効期限が延長になります。

資格要件の引き下げとロ​​ールオーバーナイト

上級会員資格の緩和

シルバー= 7泊、3滞在、または17,500ベースポイント

ゴールド= 28泊、14滞在、または52,500ベースポイント。

ダイアモンド= 42泊、21滞在、または84,000ベースポイント。

滞在実績の繰り越し

2021年に上級会員資格になる滞在に関しては2022年の実績に繰り越されます。ただし、2020年から2021年に繰り越された夜は、2度目に繰り越されることはありません。

マイルストーンボーナス

マイルストーンボーナスは40泊ではなく30泊から始まります。

ゴールド&ダイヤモンドステータスギフト

ヒルトンオナーズの上級会員は40泊でゴールドステータスを贈ることができ、滞在実績が70泊に達するとダイヤモンド会員を知人や家族に送ることができます。


ヒルトンオナーズの発表は次の通りになります。(抜粋)


発表は次のとおりです。

人々が変化する旅行のダイナミクスをナビゲートし、道路に戻るとき、ヒルトン は引き続き楽観的であり、 世界中の1億1,800万人を超えるヒルトンオナーズ会員に柔軟性を提供することに取り組んでいます。再びホスピタリティ業界をリードするヒルトン・オナーズは、メンバーがポイントとエリートのステータスを長期間保持し、2022年により簡単にステータスを獲得できると期待できると発表しました。

ヒルトンの18ブランドのワールドクラスポートフォリオのゲストロイヤルティプログラムであるヒルトンオナーズ は、世界の一部の地域で旅行が制限されている場合でも、メンバーがエリートステータスを維持または達成できるように、次のグローバル特典の変更を実施しました。本日発表された変更には以下が含まれます。

ステータスを2023年3月31日まで延長し、メンバーがステータス特典と特典をより長く維持できるようにします。
一時停止ポイントの有効期限は2022年12月31日までです。そのため、メンバーは、6,600を超えるヒルトンホテル、ヒルトンオナーズエクスペリエンス、ライブイベント、慈善寄付などで、ポイントを無料宿泊に使用する時間を増やすことができます。
2019年の要件からステータス、マイルストーンボーナス、ステータスギフトを獲得することで、2022年の資格を緩和し、これらのメリットをより簡単に実現できるようにします。2022年、ヒルトン・オナーズの会員は以下を獲得します。
ステータス層の要件
7泊、3滞在、または17,500ベースポイントでのシルバーステータス。
28泊、14滞在、または52,500ベースポイントでのゴールドステータス。
42泊、21滞在、または84,000ベースポイントでのダイヤモンドステータス。
マイルストーンボーナス
30泊で10,000ボーナスポイント。
追加の10泊ごとに10,000ボーナスポイント(30泊後)。
60泊で1回限りの30,000ボーナスポイント。
エリートステータスギフト
40泊で友人または家族にゴールドステータスの1回限りのギフト。これは、70泊でダイヤモンドステータスにアップグレードできます。
すべてのステータスレベルのメンバーのロールオーバーナイトを延長します。これにより、完了した2021ナイトはすべて自動的にロールオーバーされ、2022ティアの資格にカウントされます。






コメント
非公開コメント