IHGリワードは、2023年2月まで上級会員の有効期間を延長します - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

IHGリワードは、2023年2月まで上級会員の有効期間を延長します - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワードは、2023年2月まで上級会員の有効期間を延長します

IHGリワードは、上級会員を対象に、さらに12か月間有効期間に関して期間延長することを決定しました。

IHGリワードの新しい有効期限は、2023年2月までになります。


IHGリワード シンガポール航空500ボーナスクリスフライヤーマイルプラン

IHGリワードは基本的に、2019年と2020年に獲得した上級会員を対象に2023年まで有効期間を延長します。

2022年に資格を取得するためにIHGリワードがどのような上級会員資格を設定しているかは今のところ不明です。

すべてのメンバーのプログラムステータスは、2023年2月まで自動的に延長されました。

IHGリワードクラブは、すべての上級会員有効期間を2023年2月まで自動的に延長することを発表しました。。

有効期限が切れるIHGポイントは今回はアナウンスはありません。

これらの手続きは自動的に行われ、会員はアカウントで更新された日付を確認できます。

IHGリワードクラブの新型コロナウィルスに対する対策として

2020年のエリートステータス基準を緩和するという2020年3月11日のIHGリワードクラブの発表に追加されたものです。

この新しい資格要件により、必要なポイントまたは宿泊数が年末までに25%以上削減されます。

以下の図で、すべてのステータス階層の特定の要件を確認できます。


IHGリワードクラブ2020年上級会員基準


アンバサダー会員に関しては新型コロナウィルスの影響に対応するために昨年は有効期間が6か月延長されていましたが、こちらは再度の延長はなく、更新が必要になります。

これに伴い期間が延長された「週末無料宿泊券」のバウチャーはどうなるのかは今のところわかりません。

IHGリワードクラブプログラムに関連するその他の更新は次のとおりです。

予約のキャンセルに関しては、それぞれ独自の利用規約が適用されます。

規約には、払い戻し不可の前払金などの制約が含まれる場合があります。

予約の際には、キャンセル条件などの諸条件をそれぞれの料金情報で確認することが必要になります。

ポイントの延長に関しては状況次第で更に延長になる可能性はあります。

あとはインターコンチネンタルアンバサダー会員の週末無料宿泊券が期間延長になるか、それともこのままの期間になるのか注意して見ていきたいと思います。


まとめ

IHGリワードが、他のホテルプログラム同様に、IHGリワード上級会員をさらに1年間延長することを決定したことは良いニュースです。

IHGリワードが、他のホテルプログラムがすでに行っているように、2022年のステータス資格要件を引き下げるかどうかはまだわかりません。






コメント
非公開コメント