マリオット「上級会員期間の延長、償還の柔軟性、およびポイントの有効期限」 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

マリオット「上級会員期間の延長、償還の柔軟性、およびポイントの有効期限」 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

マリオット「上級会員期間の延長、償還の柔軟性、およびポイントの有効期限」

マリオットは、プログラムの拡張と変更について、マリオットの会員にメールを送信し始めました。

マリオットでは会員がさらなる柔軟性とより多くの選択肢が求められていることを認識し、マリオットのプログラムの規定を一部更新しました。


マリオット「上級会員期間の延長、償還の柔軟性、およびポイントの有効期限」


まとめ

他のホテルプログラムでも発表されている上級会員期間やポイントの有効期限延長になります。

今回の発表では2022年度の上級会員資格に関しての発表はありません。








エリート会員資格の期限を2023年2月まで 延長

すでに2022年2月まで期限を延長済みの2019年に獲得されたエリート会員資格、並びに2020年に獲得されたエリート会員資格の有効期限を2023年2月まで延長いたします。

今後再開されるご旅行でも現在のエリート会員特典を引き続きご利用いただけます。

スイートナイトアワードの有効期限を2022年6月まで延長

2021年12月31日に期限を迎えるスイートナイトアワード (SNA) は、有効期限をさらに6か月延長して2022年6月30日までといたします。

ポイント失効の一時停止を2022年12月まで 継続

ポイントの失効をさらに12か月間停止し、有効期限を2022年12月31日までとします。

その時点で、アカウントに24か月以上ご利用記録がない場合にのみ、ポイントは失効します。


フレキシブルなポイント交換

2022年3月、ホテルのレートに合わせて変動する、より柔軟性のある新しいポイント交換レートを導入し、さらに多くの選択肢をご提供します。

ホテルやリゾートのポイント交換レートには、現在のカテゴリー分類により近い最低ポイント数と最大ポイント数が設定されます。

ホテルカテゴリーに基づいた現行のポイント交換方法は、2022年2月まで引き続き有効です。

その後は、ホテルカテゴリー (1〜8) やオフピーク、ピーク、スタンダードの分類に基づく交換レートは廃止されます。


無料宿泊特典の期限延長

対象となる無料宿泊特典の期限も2022年6月30日まで延長*いたします。

お客様が心待ちにしておられる無料宿泊特典のご利用期間が長くなり、さらに余裕をもってお楽しみいただけます。

一部のホテルでは別途リゾート料金が適用されます。会員特典を最大限にお役立てください。

さらに2022年前半には、無料宿泊特典のサーティフィケートをお持ちの場合、アカウントにすでにお持ちか購入したポイントを最大15,000ポイントまで、サーティフィケートと組み合わせることで、30の個性的なブランドのさらに多くのホテルやリゾートをご利用いただけるようになります。

これらのアップデートは、2021年12月までにお客様のアカウントでご確認いただけます。それまでの間、最新情報、ご不明点などはMarriott.jpのヘルプページをご参照ください。


コメント
非公開コメント