FC2ブログ

4つの主要ホテル上級会員特典の比較—および2022年にそれらを獲得する方法 IHGリワードの場合 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

4つの主要ホテル上級会員特典の比較—および2022年にそれらを獲得する方法 IHGリワードの場合

ホテルの上級会員は多くの貴重な特典を提供します。

プログラムによっても違いますが中間層から上の上級会員では、無料の朝食からアップグレード、午後4時のレイトチェックアウトまで、さまざまな特典を利用できる場合があります。

ここでは、ホテルの上級会員について主要な4つのホテルプログラムの概要と、今年の各ステータスの獲得方法について説明します。

今回の比較はすべて最上級会員の比較では無く、そのプログラムで利用価値のある会員レベルを比較しています。


ベストウェスタンホテルリワードが2022年上級会員資格を緩和

今回比較する各ホテルプログラムの上級会員は

マリオットボンボイプラチナエリート:

ワールドオブハイアットグローバリスト:

ヒルトン・オナーズ・ダイアモンド:

IHGリワードプラチナエリート:

になります。

そのれぞれの達成基準は

マリオットボンボイプラチナエリート

50泊滞在(一部のマリオットボンボイカードのエリートナイトクレジットがカウントされます)。

2022年5月4日までの滞在でダブルエリートナイトを獲得できます(プロモーションの登録が必要です)。

ハイアットグローバリス

60ティア資格のある滞在を過ごし、100,000ベースポイントを獲得するか、20の会議やイベントを利用します。

ヒルトン・オナーズ・ダイアモンド

30泊するか、60,000ベースポイントを獲得

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのカード所有者になりましょう。

IHGリワードプラチナエリート

3月に新しいIHGリワードプログラムが開始される前に、対象となる30泊滞在するか、30,000エリート対象ポイントを獲得してください(その後、要件は40泊または60,000ポイントに跳ね上がります)。

インターコンチネンタルアンバサダー会員は自動的にプラチナ会員に。


それでは、これらのホテル上級会員のそれぞれを詳しく見てみます。


IHGリワード


IHGリワードプラチナエリート

IHGリワードの上級会員の階層が増えます。スパイアエリートがダイアモンド&ニューシルバーティアに1



上級会員の特典で考えるとIHGリワードはマリオットやワールドオブハイアット、ヒルトンオナーズなどと比較すると、ちょっと同列に論じて良いのか迷います。

特に最高のホテルエリートステータスについてというなら、 IHGリワードはしばしば除外されます。

その理由は、IHGリワードの上級会員には、無料の朝食、ラウンジへのアクセス、または上級会員へのレイトチェックアウトの保証さえ提供していません。

率直に言って、 IHGリワードのプラチナ会員でに対する対応はホテルによって違いが大きくなります。

ホテルによっては利用客の少ない郊外にあるクラウンプラザホテルなどではスイートルームやジュニアスイートにアップグレードする場合もあります。

インターコンチネンタルホテルに関しては上層階にアサインされると良い方で、インターコンチネンタルアンバサダー会員ではないプラチナ会員に対しては、ほとんど特典はありません。

ホリディインホテルから下のホテルブランドに関しては、一般で滞在してもほとんど同じ内容(無料の朝食などがあるため)です。

プラチナ会員はホテルによっては上層階へのアップグレードとレイトチェックアウトを取得します。

また、IHGリワードのホテルは、手頃なリーズナブルな価格でそれなりの品質を世界中で提供しています。

そのため、IHGリワードのプラチナ会員は低予算の旅行者にとって良いステータスになる可能性があります。

IHGリワードは、今年3月に、要件やボーナス収益など、エリートステータスの階層を増加すると発表しました。

その時にIHGリワードは、今回の変更はほんの始まりに過ぎず、まもなく追加の変更が行われることを発表していましたので、上級会員の特典内容も変わっていくと思います。

2022年にIHGプラチナエリートステータスを獲得する方法

日本にはアメリカのようにIHGリワードクラブプレミアクレジットカードがないため、IHGプラチナ会員ステータスを簡単に獲得できません。

もちろん、滞在を通じてIHGリワードのプラチナエリートステータスを獲得することもできます。

IHGリワードが3月にプログラムを変更するまで、30泊の滞在または30,000エリート資格ポイントの後にプラチナエリートステータスを獲得できます。

しかし、IHGリワードが3月に新しく変更したプログラムを開始すると、これらの要件は40の滞在または60,000のエリート資格ポイントに跳ね上がります。

先に記載したようにIHGリワードの特典を得るために、この滞在数を利用できるなら他のホテルプログラムを利用して上級会員になった方がお得になると思います。

もう一つ、簡単にプラチナ会員になる方法はインターコンチネンタルアンバサダー会員になることです。

インターコンチネンタルアンバサダー会員になった場合には自動的にIHGリワードのプラチナ会員になることができます。

インターコンチネンタル アンバサダー会員の更新について


アメリカでのインターコンチネンタルアンバサダー会員 更新キャンペーン

2022年3月31日までのアンバサダーステータスの更新が対象

2泊後に20,000ボーナスポイントを獲得

IHGリワーズクラブは、2022年3月31日までにインターコンチネンタル アンバサダー会員を更新する会員向けに、2泊を完了するとさらに20,000ポイントを獲得できる新しいキャンペーンを実施しています。

20,000ポイントは、会員が更新したときに受け取る15,000ポイントとは別に追加されます。

IHGリワードは3つのロイヤルティ会員ププログラムを運営しており、そのうちの1つであるインターコンチネンタルアンバサダー会員は、特典を利用するために年間$ 200の更新料が必要なプログラムです。


このキャンペーンの更新に関してアメリカではキャンペーンが行われています。

キャンペーンは、2021年12月1日から2022年3月31日までに更新するアンバサダー会員を対象としたキャンペーンになります。


IHGリワードは現在、特定の期間内に購入または更新する新規および既存のメンバーが滞在後に無料の宿泊券を取得できるようにするいくつかのキャンペーンを実施していました。

日本向けにはこれからキャンペーンがあるのかもしれません。

アメリカ同様にボーナスポイントなのか、前回の日本で行われた無料宿泊なのかはわかりませんが、何らかの対応があると思います。

通常の15,000ポイントの更新時のポイント給付に加えて、さらに20,000ポイントをメンバーに提供する新しいアンバサダー更新キャンペーン。


日本のインターコンチネンタルアンバサダー会員 更新キャンペーン

あなたのインターコンチネンタルアンバサダー会員の更新に関して

2022年1月1日で有効期限切れになります。

200米ドルで更新

USD200で更新し、更新キャンペーンとして35,000ボーナスポイントを獲得するために2022年4月30日までにインターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ、アキンプトンホテル&レストランやリージェントホテルズ&リゾーツで2泊します。

更新時に15,000Kボーナスポイントを獲得し、その後指定されたホテルブランドで2泊すると20,000Kボーナスポイントを獲得することができます。

合計して獲得できる最大のボーナスポイントは35,000ボーナスポイントになります。

40、000ポイントで更新

2022年4月30日まで40,000ポイントで更新した場合はインターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ、アキンプトンホテル&レストランやリージェントホテルズ&リゾーツで滞在2泊引き換えに20,000ボーナスポイントを受け取ります。



インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツでは、アンバサダー会員の主な特典。

部屋のアップグレードを保証
午後4時の延長チェックアウト
インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツとキンプトン、リージェントのホテルで、無償週末宿泊が1回利用できます。


コメント
非公開コメント