FC2ブログ

マリオットでのポイント交換 特典滞在や航空会社への移行について - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

マリオットでのポイント交換 特典滞在や航空会社への移行について

マリオットでのポイント特典滞在

マリオットには、他のホテルプログラムと比較して優れている点が多くあります。

他の主要なホテルロイヤルティプログラムの特典とは異なり、マリオットはポイントを40を超える航空会社のマイルに高レートで移行する事ができます。

しかし、マリオットポイントの最も適した利用方法はホテルの特典滞在に利用することになります。

ザ・リッツ・カールトンやセントレジスなどのマリオットの参加ホテルブランドの中での高級ブランドは、マリオットのポイントを利用する際に大きな価値を得ることになります。

また、最も利用しやすいカテゴリ5のホテルでの利用などに関して考えて行きたいと思います。


マリオット&エミレーツ ターゲットキャンペーン 2021年3月22日まで

マリオットポイントの利用

Marriott Bonvoyポイントを使用するには多くの利用方法があります。

その中で最もポイントの価値が高いのはホテルでの利用と提携航空会社へのマリオットポイントをマイルへ移行することになります。

その他の交換方法もありますが、それらの交換方法ではマリオットボンボイのポイントに適した価値を提供していません。


ポイントによる滞在


マリオットボンボイポイントを使用して、マリオットの世界的な施設のいずれかの部屋を予約できます。

ただし、必要なポイント数は、これまでよりも少し変動します。

マリオットボンボイプログラムの最大の変更点の1つは、公開されているホテルカテゴリーで分類されたアワードチャートの廃止です。

以前は、スタンダート、ピーク、オフピークの3段階のポイントを使用して、ホテルカテゴリーによって分類された特定のホテルで予約する必要のあるポイント数の見積もりを事前に確認することができました。

これらのポイント数は、現在の変動制に移行したあとも2022年の終わりまでほとんどのホテルで同じポイント数の幅に存在しますが、ポイント数の範囲はマリオットのWebサイトで公開されなくなりました。

参考までに以前の無料宿泊のチャー掲載します。

ある程度は目安になると思います。


ポイントによる無料宿泊一覧

マリオットリワードとスターウッド ホテルカテゴリーと必要ポイント数を発表1



実際のポイント数は

新型コロナウィルスの感染拡大でホテル需要が少なくなり、マリオットでもすべての期間をオフピークで利用できるキャンペーンなどを行い、ピークの設定を少なくするなどの対応を行っていました。

その為、ある程度無料宿泊に必要なポイント数は抑えられてきました。

今まではスタンダードかオフピークで滞在できる機会が多かったのですが、これらは徐々にピークの設定も増えていくと思います。

これから夏休みやお盆期間があり、新型コロナウィルスの影響か減少するとピーク時が、もし影響が続くようであればスタンダードの設定が多くなっていくと思います。

日本での特典滞在に必要なポイント数に関して平日は以前の範囲に収まっているときが比較的多いと思います。

しかし、週末に関して以前の2倍近くまでポイント数が増えているホテルが多く、今年中は大幅なポイント数の変動はないと事前に言っていたことが守られていないように感じます。


マリオットの新しい変動制はすべて悪いわけではありません。

実際、一部のホテルでは実際に少ないポイント数で滞在できる必要があります。

とはいえ、多くのホテルが以前のカテゴリーのピーク時の設定内なっているように感じます。

さらに、マリオットには、PointSaversとCash+Pointsの2種類のホテルの特典があります。

PointsSaversアワードは、選択したホテルの標準的な特典交換料金の割引を提供します。

一方、キャッシュ+ポイントの交換では、現金とポイントを組み合わせて、1泊55ドルから3,500ポイントの割引ホテル滞在を利用できます。

また、キャッシュ+ポイントを使用して、滞在をカスタマイズしたり、1泊分のポイントを利用したり、次の夜に現金を支払ったりすることもできます。

これは、滞在中に支払われる料金が大幅に変動する場合に最適な方法です。

すべての特典滞在で5泊目が無料になります

マリオットボンボイプログラムの大きな特典の1つは、標準料金またはポイントセーバー料金で予約しているかどうかに関係なく、4泊以上のすべての特典滞在で5泊目が無料になることです。

この無料宿泊は、オンラインで予約すると自動的に反映され、マリオットの29の参加ブランドすべての滞在に適用されます。

ただし、[キャッシュ+ポイント]を使用して、ある夜にポイントを交換し、他の夜にポイントを使用する場合、これは少し注意が必要です。

5泊目が無料になるには、合計5泊以上のアワードナイトが必要です。

7泊の滞在を予約し、そのうち3泊分を現金やキャッシュ+ポイントで支払う場合は、他の4泊分すべてにポイントを交換する必要があります。


ポイントアドバンスで事前予約

ホテル滞在に役立つマリオットボンボイプログラムの最後の側面は、ポイントアドバンス機能です。

これにより、アカウントに十分なポイントがなくても特典滞在を予約できます。

その後、到着の14日前までにポイントは必要なポイント数まで獲得する必要があります。

これは、需要の高いホテルで部屋を確保するための素晴らしい方法です。

特に、最終的に十分なポイントを獲得したときに部屋がなくなるのではないかと心配している場合はなおさらです。

とはいえ、PointsAdvanceの最大のメリットの1つは利用できなくなりました。

マリオットは、メンバーがポイントアドバンスの予約で償還率を固定できるようにするために使用されていました。

現在の変動制ではアワードの可用性のみを確保することができます。

特典に必要なポイント数は、最終的に予約を確認したときに決定されます。

ポイント&キャッシュ

マリオットポイントを利用するためのオプションがいくつあるかを考えると、ホテルの滞在で連泊ならすべての滞在をポイントを利用して5泊することがお得な使い方になります。

しかし、連泊ではない滞在をするときにはポイント&キャッシュで滞在を考えて、有料の滞在に変えることができます。

マリオットポイントのポイント価値を価格に換算した場合、ホテルの料金が曜日や日にちによって変動することを考えると、それとの兼ね合いになりますが、お得に宿泊できることが可能になります。

上記のように、5泊目無料の割引で連泊をすることもできますが、少なくとも5泊分のポイントを使用する必要があります。

ポイント&キャッシュでは連泊する必要はありません。

たとえば、3泊の宿泊の場合、安い価格で宿泊できる2泊分をクレジットカードで宿泊、さらに1泊分の宿泊料金の高いときだけポイント&キャッシュで宿泊を予約することができます。

これにより、ホテル代の節約をできます。

ポイントアップグレード

マリオットボンボイの会員は、ポイントを使用して、有料または特典の予約を、オーシャンビュールームやスイートなどのより高いカテゴリーにアップグレードすることができます。

これらのアップグレードに必要なポイント数を表したチャートは公開されておらず、すべてのホテルで利用できるわけではありません。そのため、個々の滞在のためにこれらのアップグレードを検索する必要があります。

ポイントをマイルに移行する

マリオットのアカウントで保有しているポイントは航空会社のマイルプログラムにポイントを移行する方法があります。

その結果、通常の航空会社提携のクレジットカード以上にマイルをためることも可能で、その為に最も人気のあるプログラム特典のひとつであり、クレジットカードでマリオットポイントを獲得するメリットにもなっています。

航空会社のマイルプログラムへのポイントの移行

かつてのマリオットリワードとスターウッドプリファードゲストは、ホテルのポイントをさまざまな航空会社のロイヤルティプログラムに移行する方法として人気があったため、この機能がマリオットBonvoyで継続されていたのは当然のことです。

マリオットと提携している40以上の航空会社のプログラムとポイントは3対1の比率で移動し、その際のポイント数60,000マリオットポイントを移行すると、5,000マイルのボーナスマイルがもらえます。

この結果、6万マリオットポイントが、ほとんどの航空会社で25,000マイルになることになります。

可能な限り、常に60,000ポイントのポイントを移行することが最もお得になります。

リワードプラスのパートナーシッププログラムによって、ユナイテッド航空のマイレージプラスにポイント移行すると、さらに10%のボーナスを受け取ることになり、これは、60,000マリオットポイントが27,500ユナイテッドマイルになります。

転送には年間上限はありません。

ホテルの特典交換で十分な価値が得られる場合には、航空会社へのポイント移行に関して魅力を感じないかもしれません。

しかし、マリオットが統合されてからポイントの価値が下がっています。

今の状態であれば、航空会社のマイルにホテルのポイント移行することはお得な使い方になります。

ポイントを移動するつもりなら、他の多くのホテルロイヤルティプログラムではなく、マリオットのBonvoyを使用することをお勧めします。

マリオットには多数のパートナーと比較的良好な移行レートがあります。


コメント
非公開コメント