FC2ブログ

IHG One Rewardsは、インターコンチネンタルアンバサダーに入会または更新することでダイヤモンド会員を延長します。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHG One Rewardsは、インターコンチネンタルアンバサダーに入会または更新することでダイヤモンド会員を延長します。

昨日IHG One Rewardsのステータスチャレンジを紹介しました。

チャレンジ登録後に15泊することで最高級上級会員であるダイヤモンド会員に来年までなれるという内容でした。

しかし、一旦ダイヤモンド会員になっても翌年にダウンするのならメリットも少なくなります。

IHG One Rewardsでは有料会員であるインターコンチネンタルアンバサダー会員になる事によってダイヤモンド会員を維持することが出来ます。

インターコンチネンタル アンバサダー会員の更新について

IHG One Rewardsには有料になりますが特典の充実しているアンバサダープログラム機能があります。

入会時にキャッシュまたはポイントを使用してアンバサダー会員にサインアップまたは更新すると、翌暦年の終わりまで現在のIHGOneRewardsステータスが自動的に更新されます。

これは以前はSpireEliteに適用されていました。

今回変更になったダイヤモンド会員も同じようになります。

例えば

ダイヤモンド会員は2022年12月31日に期限切れになるように設定されており、資格を得るのに十分な滞在またはポイントがありません。

インターコンチネンタルアンバサダーは、2022年中いつでも登録または更新できます。

インターコンチネンタルアンバサダー会員に入会する事でダイヤモンドエリートは2023年12月31日まで延長されます。

最近の特典の強化における主な変更点は、ダイヤモンドエリートメンバーがアメニティの選択肢として2人分の朝食を選択できるようになったことです。

クラブラウンジへのアクセスとスイートのアップグレードは、IHGのマイルストーンリワードの一部であるため40泊から利用することができます。

インターコンチネンタルアンバサダー会員の主な特典:

IHGワンリワードプラチナステータス
1つのカテゴリのアップグレードを保証
インターコンチネンタルホテルでの午後4時のチェックアウトを保証
1滞在あたり20ドルの飲食クレジット
無料で宿泊が出来るバウチャー


まとめ

IHG One Rewardsは、インターコンチネンタルアンバサダー会員のメンバーシップを販売することで、トップクラスのエリートステータスを継続して拡大することがホテル側にもメリットがあるとして提供していると思います。

この特典は明記されていませんので変更になる可能性があります。

ダイアモンド会員だけでは、ボーナスポイントと朝食以外にめぼしい特典はありません。

より良い特典を手に入れるためには、新しく行われるマイルストーンを利用してラウンジアクセスなどを選択することによって獲得できます。

インターコンチネンタルアンバサダープログラム自体は、ダイアモンド会員になることができ、マイルストーンリワードとしてスイートのアップグレードとラウンジへのアクセスを達成できる人にとってはメリットが大きいと思います。

さらに、インターコンチネンタルホテに滞在する場合、午後4時のチェックアウトと1つのカテゴリのアップグレードが保証されます。





コメント
非公開コメント