FC2ブログ

2023年 ホテルのポイントを購入して高価なホテルの滞在でお金を節約する方法 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

2023年 ホテルのポイントを購入して高価なホテルの滞在でお金を節約する方法

多くの場合、ポイントやマイルを購入し、それで特典航空券や特典滞在に利用することはお勧めできません。 

 ポイントを購入する以外にポイントを獲得する方法がある場合は、それを行うことをお勧めします。

たとえば、提携クレジットカードを作成して入会キャンペーンを利用して、大量のボーナスマイルやポイントを獲得することは非常にお勧めできる獲得方法になります。 

しかし、航空会社のマイルを購入したりホテル滞在でお金を節約するためポイントを購入した方がお金を節約できる場合もあり、 特に海外の旅行の際には、よりお得になる場合は多いと思います。

マリオット ポイントを50%ボーナス(上級会員の場合は55%ボーナス)で購入キャンペーン

ポイントの価値が上昇


この2年間でホテルプログラムの内容の変わり、変動制の導入なども進みました。 しかし、特典滞在に必要なポイント数は2年前とそれほど変化はありません。 

今、アメリカをはじめヨーロッパなど海外のホテル代は非常に高価になっています。 

アメリカでもホテル代の高騰は問題になっていて、インフレを押し上げている要因のひとつになっています。 

実際にロサンゼルスで2年前に100ドルで滞在できていたようなホテルが、今滞在しようとしたら2倍以上の費用が必要になってきます。 

それに加えて日本円がドルに対して1ドル=150円前後になり、現地でのホテル代上昇だけではなく旅行に際の費用は増大しています。

もちろんポイントを購入する際もドルベースなので為替部分は変わりませんが、クレジットカードのポイントや滞在で貯めたポイントを補う形でピントを購入するなら負担も少なくて済みます。




 
ロサンゼルスのホテルでは


 ベストウェスタンホテルリワードが2022年上級会員資格を緩和 



いつもロサンゼルスで滞在するホテルでIHG One Rewardsのクラウンプラザホテルがあります。 

2年前は1泊90ドル~110ドル程度で捕獲的安価に滞在することが出来ました。 

同じホテルに今滞在するためには1泊210ドルから230ドルが必要になります。 

その他に収税なども必要になりますので、実際には230ドルから260ドルが必要になり2泊しようと思ったら460ドルから520ドルになります。 

このホテルで特典滞在を予約する場合のポイント数は一律25,000ポイントになり、こちらも2泊の場合は50,000ポイントになります。 

もし、キャンペーンなどを利用せずにポイントを購入して特典滞在をしても、費用的には250ドル(2泊で500ドル)が必要になり、もらえるポイント分を考えると有料滞在の方がお得になります。 

頻繁に行われるIHG One Rewardsのボーナスポイント付きポイント購入キャンペーンを利用すると26,000ポイントのポイントを購入した場合にボーナスポイントを含めると52,000ポイントを260ドルで購入する事が出来ます。 

ポイント購入キャンペーンを利用することで半額で滞在することが可能になります。 

しかも、特典滞在の場合は収税なども必要有りません。 

ロサンゼルス空港周辺にあるホリディインホテルも有料滞在では170ドル(税込みで190ドル)以上しますが、ポイントでは20,000ポイントで滞在することが可能でこちらも半額になります。 

高級ホテルでもお得な場合があります。 

高級ホテルは有料滞在も特典滞在に必要なポイント数も高価になり、 ボーナスポイント付きのキャンペーンでポイントを購入して利用すると半額とまではなりませんtが、70%程度の費用で滞在することが出来るホテルが数多くあります。 

このようにホテル代が高騰している海外での利用にはポイントを購入して利用するのも旅行代を節約することが出来ます。 

 まとめ 

これが日本国内で利用することを考えるとポイント購入がドル建てのため逆に割高になります。 

今は使う国や場所、ホテルによってはポイントで滞在した方がお得な場合もありますので、ボーナスポイント付きのポイント購入キャンペーンがある場合は、検討することをお勧めします。 

日本でも海外からの訪問者を受け入れ、政府による国内旅行に関する補助があることから、国内にあるホテルの価格も上昇していくと思います。 

ホテルプログラムにもよりますが、有料滞在よりもポイントを使った特典滞在が割引を使うよりお得な場合も多くそうです。
IHG ホテルズ & リゾート Marriott International
コメント
非公開コメント