FC2ブログ

ヒルトンオナーズが全世界で朝食特典を廃止するためのプログラム利用規約を準備中 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ヒルトンオナーズが全世界で朝食特典を廃止するためのプログラム利用規約を準備中

ヒルトンオナーズは、新型コロナウィルスの世界的大流行のため、2021年から一時的な対策として、アメリカでの滞在時にゴールド会員とダイヤモンド会員の特典である朝食を停止しFood and Beverageクレジットを提供していましたが、2022年末までさらに1年間延長しました。

この特典が永続的な特典にアメリカではなっているようで、また他の地域でも同じ対応を行うホテルブランドが先日追加になりました。

今後は世界中のヒルトンオナーズ参加ホテルに拡大しそうなニュースが海外で流れています。


IHGリワード 日本を対象に冬期滞在プラン 朝食付きで最大25%OFFなど
ヒルトンオナーズは、アメリカの上級会員朝食特典を中止しクレジットを提供

ヒルトンオナーズは、2021年7月から年末まで、ヒルトンオナーズの上級会員であるゴールド会員およびダイヤモンド会員に対して、アメリカのヒルトンホテルで無料コンチネンタルブレックファースト特典の代わりに、ホテルによって異なる毎日の飲食に使えるホテルクレジットを提供します。

このクレジットは、アメリカ内のすべてのラグジュアリー、フルサービス、ライフスタイル、ヒルトンガーデンインのホテルで利用することができます。

【3泊以上限定】 選べる朝食1回付プラン!プレミアラウンジご利用付2

ただし、ラウンジのあるホテルでは朝食をラウンジで提供するため、クレジットはありません。


2021年7月以降、アメリカのヒルトンの上級会員は、ホテルのブランドに応じて、1人1日あたり10ドルから25ドルの飲食に使えるホテルクレジットを受け取ります。

ゲストごとに1クレジット、1日あたり最大2名分のクレジットを獲得することができます。

ヒルトンオナーズのゴールド会員ドおよびダイアモンド会員は、この特典を利用するために、ログインを行いMyWayの特典としてホテルクレジットを選択する必要があります。

ただし、この特典変更はアメリカ国を対象として行われる変更で、今まで他国のヒルトン系列のホテルには適用されませんでした。

それが今回、他の国にあるモットー・バイ・ヒルトンも同じ対応になるようです。

前回発表したときには、日本のヒルトンオナーズ会員がアメリカに滞在する場合は、今まで通り2名までの朝食を利用することができます。


新しいクレジット特典

ヒルトンオナーズは、アメリカの上級会員朝食特典を中止しクレジットを提供


このクレジットの金額を見ると、ホテルでの朝食金額よりも少ないことがわかります。

もし、朝食に利用したいと思った場合はホテルクレジットの他に追加の支払いが必要になります。

高級なヒルトンオナーズ参加のホテルでは、朝食は1人あたり30ドル以上かかることがあります。

1人あたり1日25ドルのクレジットを受け取る今回の変更は金額的に足りなくなります。

また、ヒルトンホテルなど中核ホテルでも昼食は20ドル以上するホテルが多く12ドルでは足りません。

一方、このホテルクレジットはより柔軟性を提供します。

朝食は必要ないので軽食やドリンクに、お酒などに利用したい方にとってはホテルクレジットの方が利用価値は高いと思います。

特に空港周辺のホテルに滞在して、次の日に帰国する場合には空港のラウンジも使えるのでホテルで朝食を利用する必要もない場合があります。

まとめ

今回の特典変更はアメリカ国内のヒルトンオナーズ参加ホテルをアメリカの会員が利用する場合の変更になり、日本の会員には関係ありません。


アメリカのホテルではヒルトンオナーズに加盟しているホテルに限らず、新型コロナウィルスを理由にラウンジの営業を休止していたり、簡素の朝食を提供するホテルが増えていました。

その状態はまだ継続しています。

実際、アメリカでは新型コロナウィルスの事など誰も気にしていないようで、ホテルだけはコストカットが出来るので清掃をしなかったり、ラウンジの営業は中止しているがレストランやバーは通常営業していたり、朝食の提供をやめたりしています。

朝食にしても上級会員が特典で利用できるホテルブランドは朝食の提供をやめていますが、低価格の朝食が普通に利用できるホテルでは朝食の提供は継続的に新型コロナウィルスの感染が問題になっているときでも行っていました。

このアメリカ限定で行われている朝食サービスに関して利用規約が変更になっています。

ヒルトン利用規約の更新がされています。

2022 年 12 月 8 日に変更

変更前

無料のスナックや飲み物、無料のコンチネンタル ブレックファースト (オールインクルーシブ ホテル、エグゼクティブ ラウンジのあるホテル、および米国以外のみ)、デイリー フード & ビバレッジ クレジット (米国のみ)ゲストがエグゼクティブラウンジを利用できない場合のみ)

変更後

無料の軽食や飲み物、無料のコンチネンタル ブレックファースト、またはデイリー フード & ビバレッジ クレジットなど、無料のインターネットおよび MyWay の特典を含む、ホテル内のすべてのヒルトン オナーズ特典の資格(ブランドおよび地域によって異なります)






IHG ホテルズ & リゾート Marriott International
コメント
非公開コメント