FC2ブログ

Accor ALL 中国圏 トリプルポイント 2023年12月26日~3月31日まで - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

Accor ALL 中国圏 トリプルポイント 2023年12月26日~3月31日まで

アコーは、2023 年 12 月 26 日から 3 月 31 日までの中華圏 (本土、香港、マカオ、台湾) での滞在に新しいボーナスポイントの機会を開始しました。

Accor Live Limitless (ALL) の会員は、1 ~ 5 泊の滞在で最大 6 回までトリプル ポイントを獲得できます。

このキャンペーンには登録する必要があります。


Accor ALL 中国圏 トリプルポイント 2023年12月26日~3月31日まで

なお、最大6回まで獲得できるボーナスは1泊~5泊の滞在のみ対象となります。

対象は

中国
香港
マカオ
台湾

になります。

中華圏と行っても中国や香港は先日ゼロコロナを解除し、入国に関する手続きや検疫も実質的になくなり、旅行をしやすくなっていますが、その後新型コロナウィルスの感染が爆発的に発生、新規感染者の統計も取っていないので正確な人数はわかりませんが、今後どうなるかわかりません。

突然、ロックダウンになる危険性もあり、この冬に旅行の対象としてはちょっと考えられないと思います。

台湾も入国に関する規制や検疫はなくなりましたが、こちらはそれほど感染者が増えているトいう事もないようなので、安心して旅行を計画できます。

このキャンペーンを利用するためには事前にキャンペーン登録が必要になります。

登録はキャンペーンページから


台湾の入国に関しては

2022年10月13日から無料で台湾の検疫を廃止し、簡単に入国できるようになりました。

台湾の検疫なしの入国

それ以前の台湾の入国に必要な、3 + 4 (3 日間の検疫に続いて 4 日間の「自己開始の流行防止」) から、検疫なしの 0 + 7 に移行し、その後 4 つの RAT (迅速抗原検査) による 7 日間の自己観察を行います。

実際に台湾に入国した方の話を聞くと、入国に関する特別なアプリやソフト 、Webでの申告はなく、入国する際に自分で検査が出来る迅速抗原検査キットを複数渡されます。

その際にも「この検査キットをきちんと使ってくださいね」程度の案内で、実際の使用は個人に委ねられます。

検査キットは鼻の粘液を採取して検査液を作り、色の変化により陰性か陽性かがわかる日本でもおなじみのものになります。

入国時に熱などの症状がなければ、その日から公共機関をはじめレストランや観光などの行動も自由に行うことが可能です。

日本に関してのビザ免除措置は9月29日から再開し、90日以内の滞在に対して、ビザなしでの訪台が可能になっています。

台湾に入国した際に乗客には空港で 4 つの RAT が与えられ、0、2、4、6 日目に検査をする必要があります。

その際に検査結果が陽性で、その結果を報告した場合、検疫が必要になります。




入国に関する変更は以下のようになります。

台湾への入国の際に設定されていた3日間の在宅(ホテル)検疫を廃止し、7日間の自主防疫にになります。自主防疫期間中の外出には、2日以内に行った抗原検査の結果が陰性であることが必要。自主防疫期間中の滞在場所は「1人1室」となります。

1週間の訪台上限者数を6万人から15万人に引き上げ。

入境旅客は症状がなければ公共共通機関の利用が可能になります。

海外から台湾、台湾から海外への団体旅行を解禁する。旅行客は旅行会社が手配した車両で移動する。台湾在住者と一緒に食事をとることは不可。








IHG ホテルズ & リゾート Marriott International
コメント
非公開コメント