FC2ブログ

ワールド オブ ハイアットのポイント活用に関して - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ワールド オブ ハイアットのポイント活用に関して

ワールドオブハイアットは、マリオットやヒルトンと比較すると、ホテル数などの規模に関しては見劣りしますが、獲得したポイントの価値に関して利用者から高い評価を得ています。

ワールド オブ ハイアット ポイントを使って利用できるハイアットの参加ホテルには世界中の最も豪華なホテルが含まれています。

今回はワールド オブ ハイアットプログラムの特典を最大限に活用する方法について説明します。


ハイアット リージェンシー バリ




ワールド オブ ハイアット プログラムの魅力的な点の 1 つは、特典表全体で高額の特典を見つけられることです。

ただし、効率の良いのは、高いカテゴリーのホテルと低いカテゴリーのホテルが多いと思います。

ポイントを使った特典滞在


現在のワールド オブ ハイアットの特典表は次のとおりです(ハイアットのオールインクルーシブ施設では別の特典表が使用されています)。



カテゴリーオフピークスタンダートピーク
カテゴリー11泊あたり3,500ポイント。1泊あたり5,000ポイント。1泊あたり6,500ポイント。
カテゴリー21泊あたり6,500ポイント。1泊あたり8,000ポイント。1泊あたり9,500ポイント。
カテゴリー31泊あたり9,000ポイント。1泊あたり12,000ポイント。1泊あたり15,000ポイント。
カテゴリー41泊あたり12,000ポイント。1泊あたり15,000ポイント。1泊あたり18,000ポイント。
カテゴリー51泊あたり17,000ポイント。1泊あたり20,000ポイント。1泊あたり23,000ポイント。
カテゴリー61泊あたり21,000ポイント。1泊あたり25,000ポイント。1泊あたり29,000ポイント。
カテゴリー71泊あたり25,000ポイント。1泊あたり30,000ポイント。1泊あたり35,000ポイント。
カテゴリー81泊あたり35,000ポイント。1泊あたり40,000ポイント。1泊あたり45,000ポイント。



上の特典表からわかるように、オフピークのカテゴリー 1 特典のポイント数は 1 泊あたり 3,500 ポイントです。

パーク ハイアット東京やパーク ハイアット ニューヨークなど、ハイアットのトップクラスのホテルの一部では、ピークシーズンには客室料金が 10万円をはるかに超える場合があります。

したがって、高級ホテルへの宿泊とポイントを引き換えることは、ポイントを高い価値で得る確実な方法となります。


ワールド オブ ハイアットのポイント活用に関して



部屋のアップグレード


ワールドオブハイアット 韓国の滞在で 25 OFFのフラッシュ セール

通常、客室のアップグレードはホテルのエリート ステータスを持つ旅行者向けの特典であると考えられていますが、ワールド オブ ハイアットでは、会員がポイントを使用して対象となる有料滞在をアップグレードすることができます。

何よりも、アップグレードのコストが手頃です。

クラブルームアップグレード特典:1泊あたり3,000ポイント。
スイートルームアップグレード特典:1泊あたり6,000ポイント。
プレミアムスイートルームアップグレード特典:1泊あたり9,000ポイント。

残念ながら、対象となる有料料金をすでに予約している場合は、アップグレード を開始するためにハイアットに電話する必要があります。

また、すべてのハイアット ホテルでポイントを使ってアップグレードすることはできません。

そのため、オンライン予約時にポイントを利用してハイアットの滞在をアップグレードする方が簡単かもしれません。

アップグレードの対象となるのは特定の有料料金のみですが、スイートやプレミアム ルームがスタンダード ルームよりもはるかに高価な場合、これは優れたポイント利用方法となる可能性があります。

オールインクルーシブのリゾート


ポイントをさらに活用するもう 1 つの方法は、日本ではありませんがオールインクルーシブ リゾートでポイントを使用することです。

ハイアットのポートフォリオには、ハイアット ポイントを使用して予約できる 10 のオールインクルーシブ ブランドが含まれています。

インクルーシブ コレクションのスタンダード ルームの特典は次のとおりです。

受賞部門閑散時標準ピーク
カテゴリーA1泊あたり12,000ポイント。1泊あたり15,000ポイント。1泊あたり18,000ポイント。
カテゴリーB1泊あたり17,000ポイント。1泊あたり20,000ポイント。1泊あたり23,000ポイント。
カテゴリーC1泊あたり21,000ポイント。1泊あたり25,000ポイント。1泊あたり29,000ポイント。
カテゴリD1泊あたり25,000ポイント。1泊あたり30,000ポイント。1泊あたり35,000ポイント。
カテゴリーE1泊あたり35,000ポイント。1泊あたり40,000ポイント。1泊あたり45,000ポイント。
カテゴリーF1泊あたり42,000ポイント。1泊あたり50,000ポイント。1泊あたり58,000ポイント。
カリブ海やハワイの休暇の予算を食事で割ることが心配な場合は、オールインクルーシブのハイアット リゾートを次の休暇に検討するのが良い選択肢になるかもしれません。


ハイアット ポイントを利用してリゾート料金を回避


ワールドオブハイアット ハワイでのポイント宿泊1ワールドオブハイアット ハワイでのポイント宿泊2


残念なことに、特にハワイや米国の主要都市では、リゾート料金がますます広まっています。

幸いなことに、ハイアット メンバーはポイント交換時にリゾート料金が免除されます (リゾート料金の特典は引き続き受けられます)。

ワイレア リゾートのアンダーズ マウイなど、リゾート料金が 1 泊あたり 50 ドルを超えるホテルでは、リゾート料金が免除されるため、大幅にお金を節約できます。

まとめ


ワールドオブ ハイアット プログラムは、価値があり、獲得しやすいポイントのおかげで、人気のホテルプログラムになります。

残念ながら提携のクレジットカードがないため、日本ではメインになる事が少ないホテルプログラムになりますが、プログラム自体の内容はとても優れています。


IHG ホテルズ & リゾート Marriott International
コメント
非公開コメント