スターポイントの移行先としてエア・カナダ アエロプランのメリットがなくなります。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

スターポイントの移行先としてエア・カナダ アエロプランのメリットがなくなります。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

スターポイントの移行先としてエア・カナダ アエロプランのメリットがなくなります。

スターポイントは航空会社のマイルに移行できます。

移行レートは1:1ですが20.000ポイントを移行すると5.000マイルのボーナスがつきます。

そのスターポイントの移行先としてメリットの大きかったエア・カナダ アエロプラン。

東南アジアのタイやシンガポールのビジネスクラス特典航空券が日本から往復30.000マイルで予約することができました。

他の航空会社と比較しても、とても少ないマイル数です。

ちなみにユナイテッド航空はビジネスクラスで60.000マイルなので半分になります。

また、エア・カナダ アエロプランの場合はスターウッドからの移行で、キャンペーンなどを行っていて20%UPなどになることがありました。

その場合の交換レートは1.5倍になり20.000ポイントの移行で30.000マイルになりました。

そのエア・カナダ アエロプランのマイレージプログラムが変更になります。


特典航空券のマイル数、変更は2015年12月15日からになります。

今回、発表されたプログラム変更については、ビジネスクラスの特典航空券の大幅な増加にあります。

エコノミークラスも若干の増加はありますが、許容範囲になります。

例えば、先に挙げた東南アジアまでビジネスクラスの特典航空券を予約する場合、往復で今までは30.000マイルでしたが変更後は80.000マイルになります。

ヨーロッパは105.000マイルが150.000マイルになります。

人気のあるハワイのビジネスクラスは90.000マイルから160.000マイルになります。

変更点として

片道の特典航空券

2015年12月15日より、今までの北米大陸発着の片道特典航空券と同様に、全ての路線で往復の半分のマイル数で予約ができます。(今までは往復と同じマイル数でした。)


トラベルゾーンを再分類

2015年12月15日からトラベルゾーンも変更になります。


アエロプランのマイルが残っており、今回の改正で影響を受けるルートの利用を考えている場合は、2015年12月15日前に予約を行う必要があります。
コメント
非公開コメント