ホテルで清掃が不要な時 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ホテルで清掃が不要な時

ホテルで連泊でも清掃が不要な時があります。

スタッフに病気などで寝ていて部屋に入ってもらいたくないときや、単に汚していないので(タオルなどの予備が十分あるので)清掃がいらないときがあります。

そういった時は基本的にDon't disturbの札をドアノブにかけているとスタッフは清掃には入りません。

部屋の清掃はしてほしくないが、タオル類の交換を希望する場合は、清掃スタッフのカートが廊下にある時はスタッフに依頼するとタオルをくれます。

また、スタッフがいないときはフロントや客室係に連絡すると部屋まで持ってきてくれます。

そういった時は海外でチップが必要な場合は1ドル程度のチップは必要です。

清掃が不要な場合はホテルプログラムのポイントがもらえるホテルチェーンもあります。

例えばスターウッドの場合はチェックイン時にフロントに伝えるか清掃不要専用の札があり、その札をドアノブにかけて清掃をしない場合は500スターポイントがもらえます。

アコーホテルの場合は150ポイント

他のホテルチェーンでも同じ制度を導入しています。

ホテルチェーンによってポイントがもらえたり、単に環境維持に協力を依頼するなど様々です。

確かに一人で宿泊していると2~3日程度の宿泊で外出していることが多いと部屋も清掃が不要なことが多く、とてもいい制度になると思います。

この頃は最近はエコのため連泊の場合シーツは替えずにベッドメイクをするだけのホテルも多いようです。

タオルに関してもすべてのタオルを交換するわけではなく交換希望の場合は必要な分を浴槽に入れておくと、その分が交換されるホテルも多くなっています。

チェックインした際は部屋にあるインフォメーションを確認して対応するようにしたほうがいいと思います。


コメント
非公開コメント