ヒルトンHオーナーズからヒルトンオーナーズに① - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ヒルトンHオーナーズからヒルトンオーナーズに①

先日、ヒルトンHオーナーズからヒルトンオーナーズに名称が変更になったと記載しました。

変更は名称だけではなく他にも変更はあります。

ヒルトンホテルはロイヤルティプログラムの大きな変更を発表しました。

新しいポイントによる無料宿泊とキャッシュ&ポイント

ヒルトンは今までホテルカテゴリーに応じた無料宿泊に必要なポイント数を固定チャートで設定していました。

今後はホテルカテゴリーごとの決まったポイント数ではなく上限は今までと変わりませんがローシーズンには少ないポイント数で宿泊できるようになります。

特典チャートがなくなるというのはデルタ航空でもありましたが、デルタ航空と違って宿泊に必要なポイント数の上限が増えるわけではありません。

ヒルトンHオーナーズからヒルトンオーナーズに

例えばヒルトン東京の場合、今までは60.000ポイントが必要でした。(一番安いルームタイプ)

上限は変わりませんがローシーズンは33000ポイントから宿泊することができます。

チャートがなくなった代わりに地名をローマ字で入力すると候補のホテルが表示されて、ホテルを選択するとポイント数がわかるページがあります。

ポイント数の確認はこちらから


キャッシュ&ポイントも大きく変更になります。

現在でもヒルトンホテルはキャッシュ&ポイントを導入していますが、

現状では決まったポイント数と支払金額が表示されています。

l今後は柔軟にポイント数を設定できます。

1,000ポイント毎の設定になりますが、例えば宿泊するのに$ 185の金額が必要な部屋があったとします。

このキャッシュ&ポイントを使うと、

5,000ポイントのポイントと、$ 162.05の支払い

15,000ポイントのポイントと、$ 115.75の支払い

つまり、$ 22.95の代わりに5,000ポイント、69.25ドルの代わりに15,000ポイントを交換することができます。

これはまとまったポイント数を持っていない場合でもポイントを有効に活用できます。


コメント
非公開コメント