ホテルで2部屋になったとき - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ホテルで2部屋になったとき - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ホテルで2部屋になったとき

ホテルを選ぶポイント ホテルで2部屋になったとき

前回はホテルの部屋の収容人数について記載しました。

今回は2部屋にわかれたときの場合です。

2部屋に分かれた場合、家族であればコネクティングルームを

希望すると思います。

ただ、予約した方はわかると思いますが

「コネクティングルームはあくまで希望なので

当日、チェックイン時にホテルで確認してください。」

などと言われます。

ハワイなどは2名までの設定でもコネクティングの部屋も多く

対応も難しくないと思います。

アメリカ本土でも家族で旅行も多いので

コネクティング対応も多くあり

さらに広いので1部屋で対応できるホテルも多くあります。


ヨーロッパの場合は2人までの定員が多く

2名以上の場合、2部屋になります。

消防法の関係で添い寝で3名も断られるホテルもあります。

しかもコネクティングルームのあるホテルも少ないので

隣の部屋で、行き来するには廊下を使うホテルが多いです。

実際、その様に宿泊された方であれば

わかると思いますが

いちいちドアからでて隣の部屋に行くのは

意外と距離があります。

到着時に2部屋の場合は隣にアサインされることになると思います。

そのような場合はフロントに隣の部屋を向かいの部屋に

変更する事を申し出る事も候補に考えた方が良いと思います。

距離が短く数歩で行き来できますので

非常に便利です。

個人的には向かいの部屋にするのがベストだと考えています。



コメント
非公開コメント