マリオットとスターウッドのキャンセルポリシーが変更になりました。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

マリオットとスターウッドのキャンセルポリシーが変更になりました。

マリオットホテルとスターウッドの予約に関するキャンセルポリシーが変更になりました。

このキャンセルポリシーは変更可能な料金で予約した場合のキャンセルや予約日の変更などを受けれる期限になります。

今までは予約日の前日18:00までにキャンセル及び変更に関してはキャンセル料などがかからずに行えました。

それがすべてのマリオットホテルとスターウッドに加盟しているアメリカのホテルでは2日前の48時間前の設定に変更されています。

そして一部のホテルでは72時間前の設定になっています。

今のところ変更されているのはアメリカのみになっており、日本など他の国では今まで通り24時間前までのキャンセルポリシーのままになっています。

ホテル業界全体の傾向としてキャンセルポリシーの厳格化と期間に余裕を持たせるのは経営上は必然になると思います。

以前には多数ありました到着日までのキャンセルを許可すると(当日の18:00までにキャンセルしてもキャンセル料が必要ない)、ホテルにはかなりの減益が発生する可能性があります。

それを防ぐためにはオーバーブッキングをする必要があり、キャンセルの件数が少なければ部屋が足りなくなる恐れがあります。

ですから、キャンセル不可の期間が長いほど的確な予約を受けることが可能になり、ホテルとしてのメリットは大きくなります。

ただし、利用する側として仕事で頻繁にホテルを利用する方などは直前に予定が変更になったり、急な予約を入れるために直前に予約を入れることが多くキャンセルポリシーの期間が短いほど自由度は高いので今回のような変更は望ましくありません。

今まではキャンセル不可で割引のある料金と割高ですがキャンセルや変更が出来る料金の棲み分けが出来ていましたがキャンセル不可の期間が長くなると割高な料金に魅力が無くなっていきます。

今のところアメリカだけが対象のようですが世界的にそうなることになると思います。







コメント
非公開コメント