- ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

- ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ヒルトンホテルでキャッシュバックキャンペーン アメリカンエキスプレスカードの決済で

ヒルトンホテルに宿泊すると7,000円キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャンペーンの条件はキャンペーン事前登録の上、アメリカンエキスプレスカードで決済するだけです。


事前登録/キャンペーン期間:2018年8月2日(木)正午~2018年12月31日(月)まで

キャンペーンは今年度末までになります。

ただし、このキャンペーンは先着20,000名になりますので、キャンペーン事前登録期間内でも人数に達した場合にはキャンペーン受付を終了します。


アメリカンエキスプレスカード ヒルトンホテルでキャッシュバックキャンペーン



ヒルトン・ホテルズ&リゾートでキャッシュバックキャンペーン


事前登録のうえ、国内外の対象ホテルにてキャンペーン期間中に各ホテル毎に合計35,000円(税込)以上決済いただくと、7,000円のキャッシュバックが受けられます。

キャンペーン条件はアメリカン・エキスプレスカードを持っているのが前提になり、そのカードをキャンペーンページから事前登録を行うことが前提です。

そしてキャンペーン対象のヒルトンホテルとリゾートで、合計35,000円以上の決済をアメリカン・エキスプレスカードを利用するとキャンペーン達成になります。

キャンペーンを達成すると請求時に7,000円のキャッシュバックが受けられます。


キャンペーン時は諸条件があります。

キャッシュバックは各ホテル1回まで、合計10か所までとなります(オンラインでの事前決済は1か所とカウントされます)。

キャンペーン対象ホテルに直接予約の上、フロントデスクでのチェックアウトが12月31日(月)利用分までが対象です。

ヒルトン/ヒルトン・オナーズのオフィシャルウェブサイトまたはモバイルアプリからの直接予約、ならびに対象ホテルでの直接予約のみがキャッシュバックの対象となります。

電話の場合はヒルトン・リザベーションズ&カスタマー・ケア(電話番号03-6679-7700)で対応します。

ボーナス払い、分割払いは対象外です。

QUICPay(クイックペイ)でのお支払いは対象外です。

ギフトカードの購入は対象外です。

家族カード・追加カードをお持ちの場合や複数カードをお持ちの場合は、カード毎に事前登録が必要です。

アメリカン・エキスプレスのコーポレート・カードは対象外です。

各ホテル毎に35,000円(税込)以上お支払いいただいた場合も、キャッシュバックは7,000円です。

日本国内以外のお支払いは、現地通貨となり、カードご利用代金の締日の為替で日本円に換算されます。日本円換算後に35,000円(税込)以上お支払いただいた場合、キャッシュバックの対象となります。

キャッシュバックは、登録カードのご利用代金明細書において、当月または翌月以降の請求金額から減額する方法により調整し、現金での返金はいたしません。


キャンペーン登録はこちら



まもなく終了 Choice Privilegesポイント購入で30%のディスカウントセール

Choice Privilegesが2018年8月10日まで30%割引でポイントを購入できるキャンペーンを行っていますがまもなく終了します。

キャンペーン期間は2018年8月10日まで

Choice Privilegesは、2018年8月10日までまでのポイント購入を対象に30%OFF購入キャンペーンを行っていました。

Choice Privileges ホテルグループは馴染みがないかもしれませんが日本ではコンフォートホテルグループとして展開してます。

チョイスホテルズジャパンが展開する、アメリカ生まれのエコノミーホテルブランドであるコンフォートホテル。

小学生以下のお子様は添い寝無料、無料朝食サービスを提供し全国に展開しています。

チョイスホテルズインターナショナルは世界35カ国に加盟ホテル6300以上を展開しています。

会員は毎年最高50,000ポイントを購入することができます。

ディスカウントを獲得するには最低40,000ポイントを購入する必要があります。


ポイント購入はこちらから


50000ポイントを購入した場合の購入金額は385USDになります。

コンフォートホテルはビジネスホテルですが全国に展開して利便性はあります。

アメリカではモーテルより上のランクです。

イメージ的にはベストウェスタンホテルに近いと思います。


ボーナスポイントは購入ポイントによって違います。(もしかしたら会員によって違うかもしれません)


Choice Privilegesはポイントを割引価格で販売することはほとんどありませんので、今回のキャンペーンはお得です。

前回は40%のポイント購入ボーナスを行っていましたが、Choiceが行うキャンペーンでは最高のもので、今回の30%のディスカウントは実質の1ポイントあたりの購入金額はそれと同等になります。

そして今までのキャンペーンを見ると、この条件以上のキャンペーンは今のところありませんのでポイントが必要な方は購入してもいいと思います。






ハイアットホテル アメリカンエキスプレスカードで決済するとキャッシュバック

アメリカンエキスプレスカードでのセレクトで行われているキャンペーンになります。

事前が必要になりますが、ハイアットに宿泊して53,000円(税込)以上の清算で10,600円が後日アメリカンエキスプレスの請求時にマイナスされます。

キャンペーン登録期間は2018年7月26日~2018年10月30日まで


事前登録:ハイアットでキャッシュバックキャンペーンはこちら


キャンペーンに登録できるのは先着10,000名になりますので登録期間内でも人数に達した場合は受付終了になります。

ただし、ハイアットに宿泊するキャンペーンなので10,000人に達することはないとは思います。



アメリカンエキスプレスカードでハイアットでキャッシュバックキャンペーン



キャンペーン内容はキャンペーンに事前登録のうえ、国内外のハイアットグループの各対象ホテルをキャンペーン期間中に合計で53,000円(税込)以上をアメリカン・エキスプレスのカードを使って決済すると、10,600円のキャッシュバックが受けられます。


アメリカンエキスプレスカードは提携しているセゾンカードやニコスカードなども対象になります。


キャッシュバックは各ホテル1回までとなります。

対象ホテルで宿泊の上、フロントデスクで決済する金額のみ本キャンペーンの対象となります

これにはチェックアウト時に支払うホテル内でのご飲食等も含まれます。

フロントデスクでのチェックアウトが2018年10月30日(火)利用分までが対象になります。

アメリカン・エキスプレスのコーポレート・カードは対象外です。


この内容の場合ではホテル代金を予約時に支払った場合には、キャンペーン対象料金には計上されないと思いますので注意が必要です。


事前登録のうえ、国内外のハイアットグループの各対象ホテルのフロントデスクでチェックアウト時にキャンペーン期間中に合計で53,000円(税込)以上決済すると、10,600円のキャッシュバックが受けられます。

日本のハイアットなどは高価なホテルが多いので1回の宿泊で53,000円(税込)以上の金額になると思います。

キャンペーン期間中に宿泊する予定のある方はキャンペーン登録を行った方が良いと思います。

各種提携カードの他に家族カードも登録可能になります。




【事前登録・キャンペーン期間】

2018年7月26日(木)正午~10月30日(火)



IHGリワードクラブのスパイアエリート エリートチョイスで25,000ボーナスポイントまたはプラチナステータス

2015年にIHGリワードクラブがスパイアエリートのステータスを開始したときに発表されていたステータスを獲得する会員に毎年贈られるElite Choiceギフトオプション。


スパイアエリートはIHGリワードクラブに加盟しているホテルに宿泊することで75,000のエリート資格ポイントまたは75泊を達成することによりステータスを獲得することができます。

その際に選択できる特典があります。

内容は25,000ボーナスポイントをもらうか、ギフトプラチナステータスを選択して家族や知人にIHGリワードクラブのプラチナ会員を送ることができます。




スパイア エリート1


スパイアエリートになるために75泊するか75.000ポイントの獲得が必要です。

今までの最上級会員レベルプラチナエリートとの大きな違いは100%のボーナスマイル。



新しい会員レベルはこちらをご覧ください。




スパイア エリート


新しい会員レベルの新設にともなって、今までのプラチナ会員やゴールド会員になるために必要な条件が若干低くなりました。

インターコンチネンタルホテルのロイヤルアンバサダー会員の特典がとの兼ね合いや、部少なくなりましたので、IHGリワードクラブのスパイアエリートとは特典内容で差は少なくなったと思います。

1年間で75泊はほかのホテルプログラムと比較しても、ハードルは異常に高いと思います。

しかも、基本的にはベースポイントのみを計上するためスパイアエリートになることは非常に難しいと思います。

それに比較して特典が少ないため、同じ回数を宿泊するのならヒルトンオーナーズやこれから統合されるマリオットリワードに重点を置いたほうがいいと思います。

今のところプラチナアンバサダー会員でIHGリワードクラブはいいかと思います。













マリオットリワードの30ブランドのホテル解説

スターウッドとマリオットの統合が進んでいます。

2018年8月18日以降のマリオットリワードは30ホテルブランドを展開し、世界中で1億人以上の会員数を誇る巨大なホテルプログラムになります。

旧スターウッドは10ブランド、マリオットリワードの加盟ホテルブランドは20ブランドになりますが、それぞれ競合するホテルもあれば補完するホテルもあります。

マリオットリワードとスターウッドを合わせたホテルブランドで客層も違えばターゲットやコンセプトも違ってきます。

それらを簡潔に紹介することも無駄では無いと思います。

30ブランドを考えたときに大きく分けて5グループ、さらに小さく分けると7グループに分かれます。



ラグジュアリーホテル

ザリッツ - カールトン
セントレジス
JWマリオット

サービス面でも設備の面でも最高級ホテルになります。

宿泊しても価格的には高価になりますが、満足のできる宿泊が期待できます。


特徴的なラグジュアリーホテル

ザ・リッツ・カールトンリザーブ
ザ・ラグジュアリーコレクション
BULGARI
W Hotels
EDITION

こちらはファッションデザイナーが手がけたり、コンセプトが明確になっているホテル、また統一されているホテルブランドではない様々な高級ホテルなど、設備、サービスともにラグジュアリーホテルに準じるホテルになります。


プレミアムホテル

マリオットホテルズ
シェラトン
マリオットバケーションクラブ
デルタ

こちらのブランドはホテルグループの中核を形成しているグループになります。

宿泊に必要な価格も様々な設定になっていて、どこに行っても必ずあります。

特別豪華なことはありませんが、ある一定の水準は確保しています。


特徴的なプレミアムホテル

ルメリディアン
ウェスティン
オートグラフコレクション
デザインホテル
ルネッサンスホテル
トリビュートポートフォリオ
ゲイロードホテル

こちらはホテルコンセプトがより明確になってます。

ホテルブランド的にもプレミアムホテルよりも上のホテルブランドもあり、デザインに特化していたり、小規模なホテルを展開したりしますので、実際の滞在に関してはシェラトンホテルやマリオットホテルよりもよい体験ができるホテルも数多くあります。




スタンダートホテル

フォーポイント
スプリングヒルスイーツ
プロテアホテル
フェアフィールドイン&スイーツ

比較的低価格なホテルになります。

ホテルの設備に関しては、それほど新しいホテルではなくサービスも特に期待するものはありません。

クラブラウンジなども、このクラスになると無いホテルがほとんどになります。


特徴的なスタンダート

ACホテル
アロフト

こちらのホテルは内装から外装まで統一されたデザインになります。

価格的には低価格なホテルになりますが、内装は新しく規定なホテルが多いと思います。

どちらかかというとビジネスユースで使うホテルになると思います。


長期滞在
マリオットエグゼクティブアパートメンツ
レジデンスイン
タウンプレイススイーツ

こちらのホテルは低価格ですが大型の冷蔵庫やキッチンなどを備えており、家族で長期滞在することに向いています。

ホテルの部屋数も少なく、小規模なホテルが多いと思います。

朝食なども無料で提供されるので、旅行代を節約したいときには最適です。



今回は、特徴的なことを記載しましたが、ホテルブランドごとも紹介していきます。