アコーはコロナウイルス患者を収容するためにフランスで300のホテルを再開 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

アコーはコロナウイルス患者を収容するためにフランスで300のホテルを再開 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

アコーはコロナウイルス患者を収容するためにフランスで300のホテルを再開

日本でもアパホテルが新型コロナウィルスの軽症者を受け入れて、全国で対応すると発表しています。

フランスに本社を置くアコーホテルもフランを対象に同じく軽症者を受け入れるようです。

そのため、一旦クローズされているホテルも含めて300軒以上のホテルが再開することになるようです。
フランスでは、ウイルス反応の陽性でも無症候性の方か、非常に軽い症状の患者を収容することになります。

より重症な症例は病院で治療されます。

今でも各国で渡航者を対象に入国後14日間の待機に関してホテルを利用している国は多いと思います。

また、病院の受け入れ人数を超えた患者のホテルなどを利用した受け入れも徐々に進んでいます。

ホテルや国によっても違うと思いますがハウスキーピングサービスは限定的で、食事は通常ルームサービスのみと言うのが多いようです。

日本ではアパホテルが対応し、フランスではアコーホテルがこのような時に対応してくれています。

新型コロナウィルスの影響がなくなった後も、こういったことは記憶にとどめていくべきだと思います。





コメント
非公開コメント