ワールドオブハイアット 最適なホテルチェーンは - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ワールドオブハイアット 最適なホテルチェーンは - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ワールドオブハイアット 最適なホテルチェーンは

ここ数年のホテル業界の中で、世界的な大手ホテルチェーンは統合や提携を繰り返し、規模の拡大を目指しています。

しかし、新型コロナウィルスの影響で環境が変わり、ホテルを利用することが少なくなっています。

こういったときにはプログラム全体の把握や、会員がホテルでポイントをためて効率的にそのポイントを使うために良くプログラムの内容を理解する事が重要です。

それぞれのホテルチェーンの長所と短所どういった顧客に向いているかといった内容を考えてみたいと思います。

今回はワールドオブハイアットを考えてみたいと思います。




ワールドオブハイアット


対象:ハイエンドホテルで特典の交換


基本:

ハイアットは現在、主要なチェーンの中で考えると規模は最も小さいホテルチェーンになります。

ただし参加しているホテルブランドは、予算にやさしいハイアットプレイスからデザイン重視のトンプソン、豪華なパークハイアットまで、20のブランドを65か国に900軒を超えるホテルを展開しています。

ワールドオブハイアットは、スモールラグジュアリーホテルと提携して、世界中の独立した高級ホテルやコンセプトに特化したホテルを利用する事ができます。

その他にMライフリワードとの提携のおかげで、ラスベガスでの利便性が向上しています。

ポイントの獲得:

ワールドオブハイアットの会員は、関連ホテルで1ドルにつき5ポイントのベースポイントを獲得します。

ポイントは、ポイントの増減がない場合、24か月後に失効します。

ポイントの交換:

ワールドオブハイアットのポイントを利用した無料宿泊の内容は、おそらくどのプログラムよりも優れた価値を提供します。

ホテルは8つのカテゴリに分類され、無料宿泊は最低一泊5,000ポイント〜最高一泊40,000ポイントまでの間で利用できます。

ワールドオブハイアットでは、3月からピークおよびオフピーク価格を導入します。

その時点で、価格範囲は1泊あたり最低一泊3,500ポイント〜最高一泊445,000ポイントになります。

ワールドオブハイアットのポイント&キャッシュにより、会員はカテゴリー1から7のホテルで、2,500ポイントから15,000ポイントと標準宿泊料金の50%が割引されます。

カテゴリー8のホテルは現在このタイプの特典交換には利用できません。

上級会員:

現在、ワールドオブハイアットには3段階の上級会員に分かれています。

ディスカバーリスト

最も低い上級会員であるディスカバーリストを取得するには、10泊するか、年間25,000ベースポイント(5,000ドルの支出に相当)を達成する必要があります。

特典には、プリファードルームへのアップグレードや無料のプレミアムインターネット、その他の特典の中でも滞在時に10%のボーナスが含まれます。

エクスプローリスト


エクスプローリストには30泊または50,000ベースポイント(10,000ドルの支出に相当)が必要です。

特典には、20%のボーナスポイント、アップグレード、毎年4つのクラブラウンジアクセス特典などの特典が含まれています。

グローバリスト

グローバリスト会員になるには60泊または100,000ベースポイント(20,000ドルの支出に相当)が必要です。

特典には、30%のボーナスポイント、有償および特典滞在時のクラブラウンジへのアクセス、ほとんどのホテルでの無料の朝食、リゾート料金の免除。

そして4回のスイートアップグレードが付与されます。

クレジットカード:

現在、ワールドオブハイアットの提携クレジットカードは日本では発行されていません。


その他のパートナー:

ワールドオブハイアットとアメリカン航空は昨年、上級会員の相互的なステータスと特典とのパートナーシップを開始ししました。


まとめ:

ワールドオブハイアットのプログラムは参加しているホテル数が他のプログラムと比較して少ないにもかかわらず、参加しているホテルの魅力とポイントによる無料宿泊の合理的な償還率のおかげで、優れたホテルプログラムになります。

日本での展開も、パークハイアットニセコなどの新しいホテルでポイントを獲得、交換ができるようになり、今後も増えていくようです。

残念ながら低価格のハイアットプレイスは日本での展開は少なく、IHGリワードクラブやマリオットと比較すると利用できるホテルも限定されることから上級会員になるハードルは高いと思います。

せめてアメリカのようにクレジットカードを作成するだけで上級会員に慣れる環境が日本にもあればポイントの還元率の良さを考えると利用者が増えるのではと思います。






コメント
非公開コメント